thinksystem        thinkagile

10年間のトータルコストを2~3割減
ハイパーコンバージドの実力

ハイパーコンバージド・システム導入活用事例

software-defined data center

VMwareからNutanixへ、異なるハイパーバイザーでも短期間で移行が完了

24時間365日無停止運用が強く求められる、報道機関のIT環境。
ストレージサーバの保守切れを契機に、仮想インフラ全体の刷新が急務となった秋田テレビ。
VMwareのハイパーバイザからNutanixのAHVへ、異なるハイパーバイザへの移管でもきわめて短期間でシステム移行が完了。向こう10年のインフラトータルコストが30%も削減となった導入事例です。

秋田テレビの導入事例を
ダウンロードする


国コード(+81)に続けて勤務先電話番号をご入力ください

上記フォームの必要事項をご確認の上、「Lenovoプライバシーポリシー」にご承認およびご同意した後、お手続きください。

thinksystem        thinkagile

10年間のトータルコストを2~3割減
ハイパーコンバージドの実力

ハイパーコンバージド・システム導入活用事例

software-defined data center

この導入活用事例のポイント

課題:ストレージサーバの保守切れ、仮想インフラ全体の刷新が急務に

ソリューション:ハイパーバイザの切り替えを短期間で実現

注目ワード:HCIの効果(システムの可用性)を享受、インフラ運用効率が向上、インフラコストが30%減に

Customers Voice

「Lenovoのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)なら、性能的に限界に達したハードウェアを必要な時に、必要なものへと簡単に交換できます。このような環境をオンプレミスの世界で実現できるのは魅力的」

「LenovoのHCIは運用開始後も安定稼働。重大な問題は一切発生していません。しかもシステムの冗長化が自動的に行われ、この点だけでもHCIの導入には意味があります。仮想化のインフラとして、HCIを採用しない理由がない